バイナリーオプションが人気の秘密はここにある

最近では海外FXをこえるほどの勢いを持つのでは、と思われるバイナリーオプション。その魅力はなんなのでしょうか。ここでは、国内FX業者である、FXトレード・フィナンシャルのバイナリーオプション「バイトレ」を参考にしながら、その秘密を探っていきたいと思います。

まず、FXトレード・フィナンシャルのサイトをみてみるとわかりますが、バイナリーオプションは他の取引に比べてはるかにルールがシンプルです。具体的には、まず対象の通貨の組み合わせ=通貨ペアを選んだら、目標レートの表示数も選びます。シングル、トリプル、オールで「ラダー」の数が変化していきますが、シングルとトリプルでは今現在のレートに近いものが自動的に1本か3本表示されますので、初心者トレーダー向きといえます。

jiireそして目標レートに対して、レートは上がるか下がるかを予測。上がると思うならHIGH、下がると思うならLOWを選んで権利を購入します。購入は1ロットから10ロットまで選べます。

要するに、基本的には「上がるか下がるか」を選べばいいだけ、というのがバイナリーオプションのルールです。「〇〇円になったら売ろう」というような細かい投資計画を練る必要も、ずっとチャート画面をみている必要もなく、締め切り時刻になれば自動で決済されます。

次に、損失額が確定しているということをあげておきましょう。ロットを部分的に決済することはできませんが、はじめに権利を購入した金額よりも損失が広がることはありません。レバレッジトレードでもないので、手持ち資金よりも大きく損失が広がるような事態も防ぐことができます。

また、相場の状態があまり影響しない、ということもメリットとしてあげられます。もちろん0.01銭も値動きがなければ、いくらバイナリーオプションでも利益を出すのは計算上不可能ということになりますが、そこまで動きがないことは稀でしょう。FXでは、「価格の幅」がそのまま利益になるのに対して、バイナリーオプションでは、価格変動の幅は予測の材料になるだけで、実際の利益に関わるのはどれだけのロット数で権利を購入したか、ということだけです。

少々話が難しくなってきたかもしれませんので、もう少しわかりやすいメリットについても説明します。これもバイナリーオプションでは当たり前のことながら、FXや株式売買でトレードを行っていたトレーダーにとっては大きな特長としてうつるはずのポイントですが、バイナリーオプションは「短期決済」です。

短期とはどれくらいかというと、FXトレード・フィナンシャルでは最短で2分後に取引の結果がわかる、という超短期トレードまで用意しています。バイナリーオプションの平均的な決済までの時間は15分程度で、長くても1日以内、となっています。

ですから、副業として投資をやってみたいけれど、とてもチャートをみる時間を捻出できないという方でも、バイナリーオプションなら仕事や家事の合間にさっと権利を購入して、あとはそのまま放っておいても、予測が当たれば自動的に利益が口座に振り込まれるということになります。