リスク範囲を把握できるバイナリーオプション

■時間に縛られずに取引ができる

かつてのリーマンショックのように、急激に社会不安が起きると、FXなどの投資方法では多額の含み損が生じるリスクがあります。このため、投資家はレート変動を常に確認するため、長時間チャートに張り付いている必要がありました。これに対してバイナリーオプションでは、突発的に含み損を抱えてしまう事態は発生しないため、チャートを監視し続けなくともいいのです。それは、バイナリーオプションでの投資に対するリスクが、チケット購入に対する費用以上のものにならないからです。リスクを警戒して情報収集に長時間を費やす必要もありません。

hhurere■リスク範囲を把握できる

バイナリーオプションでは、チケットを購入するために使った金額の範囲でしかリスクは生じません。この点で、突発的に含み損を抱える可能性のあるFXなどとは異なります。リスクの範囲を自分で確実に把握できるのは利点といえるでしょう。

■投資に詳しくなくても挑戦しやすい

投資の初心者でも取り組みやすいのがバイナリーオプションです。為替レートが今よりも上がるか下がるかを予想して投資するというわかりやすい方式ですから、初心者でもすぐに挑戦できます。勝ち負けも確率的には5分5分ですから利益を上げる可能性もあり、逆に想定外の損失が生じることもありません。

文献: 88バイナリーオプション.com

■少額の投資でも利益を狙える

為替変動が少ない局面で利益を上げようとするとき、FXではある程度のまとまった投資が必要です。一方バイナリーオプションでは、このような局面でも2倍から5倍の配当を得る可能性があります。バイナリーオプションには、7手持ちの資産が多くなくても投資で増やしていきたい人にチャンスがある方法だといえます。

■バイナリーオプションのデメリットとは

■投資した金額も負ければ0

バイナリーオプションという投資の性格上、二者択一の選択を誤ると、投下した資本はゼロになってしまいます。含み損を抱える可能性があっても価値そのものがゼロとなることはないFXに比べ、勝負にまければたちまち資本を失うことはバイナリーオプションの持つデメリットです。

自分が投資に使えるお金はどこまでかを自己管理しないと、大事な資本を失うことになりかねません。トレーダーのリスク管理に協力的な業者で、ハイローオーストラリアがあります。この業者は、高いペイアウト率のバイナリーオプションを提供しています

■購入時に売却点が決まってしまう

バイナリーオプション取引を行っていると、チケットの購入時にいつの時点のレートで上がり下がりを判定するかが決まってしまうため、いずれレートが上がるとわかっていながらみすみす負けとなってしまうことがあります。これはFXにはないデメリットです。短時間で勝ち負けの決まるバイナリーオプションで肝心なのは、常に冷静な投資を行うこと。一度の負けを引きずらず、気持ちを切り替えて次の取引に向かうことが、バイナリーオプションの勝者となる秘訣です。