バイナリーオプション取引の定番「ハイ&ロー」

「上がるか」か「下がるか」を選ぶだけの投資

バイナリーオプションの中でも定番の取引が「ハイ&ロー」と呼ばれているものです。バイナリーオプションをこれから始めたいと思う人にとっては一番わかりやすく、シンプルで明快な取引なので初心者でも安心できます。この「ハイ&ロー」はその名称の通り、設定されたレートが締め切り時間の時点で上がるか下がるかを選択する二者択一方式。

どちらかを選択するだけで、投資した金額が倍になって戻ってくるのですから、投資は難しいというステレオタイプの考え方がなくなるかもしれませんね。

gyrereハイ/ローオプションはバイナリーオプションの基本

ここで扱う種類はいくつかありますが、最も人気のある定番取引が「ハイ&ロー」です。FXと比較をしてみても分かるように、バイナリーオプションにはチケットを購入しいくらになるのかを予想するといった複雑さや分析などは不要で、単純に円が高くなるか、安くなるかを選ぶのみの二者択一方式で取引ができるのです。

取引時間終了時に設定されたレートよりもハイ円高になっているか、ロー円安になっているかを予想します。選択したチケットが予想通り当たると、払戻金が受取れる仕組みになっているため、非常に単純明快な取引です。

一例を挙げるとすれば10分後に1米ドル=80円よりも高くなるor安くなるか、払い戻し倍率2倍、という条件があったとしましょう。そこでハイのチケットを100円分購入したとします。

円高が進み1ドル=79円になっていたら、予想が的中、払い戻し倍率が2倍になるので200円の払い戻しがあります。チケット代の100円を差し引くと、純粋な利益は+100円になりますね。円安が進み1ドル=81円になってしまい予想が外れた場合はどうなるでしょうか。

チケット代の100円は損失となり、払い戻しもないので利益も0です。ハイ&ローでは途中決済ができないので、チケットを購入した後は取引終了時間まで待機するしかありません。

50円から100円といった最小の金額でバイナリーオプションができるので、ハイ&ローはまず最初に始めたいオプションの一つです。バイナリーオプション取引に慣れるための練習にも使える手軽さが大きな魅力でもあります。